tecno art research | テクノアートリサーチ

COMPANYHISTORY沿革

1986年(昭和61年)
豊田合成(株)とトヨタ自動車(株)との共同出資によりトヨタグループを中心にデザイン開発の受託を目的として設立 名古屋駅前第2豊田ビルにて開業
持株比率 豊田合成76% トヨタ自動車24%
社名 tecno art researchはTechnologyを意味するイタリア語Tecnologicaからの造語tecnoとartを結びつけてデザインの意味をもたせ
更に「研究機関」という意味を持つresearchを組合わせて命名
1987年(昭和62年)
トヨタグループの独自開発デザイン、部品モデル製作、外部の印刷物企画・制作等を受託
エスティマ、ハイエース、セリカ アルミホイールデザイン初採用
1988年(昭和63年)
名古屋市名東区「新東名ビル」へ移転
モデル製作ルームを拡充
1989年(平成元年)
トヨタ自動車からアドバンスデザイン開発を初受託
1990年(平成2年)
トヨタ自動車から外形デザイン意匠~1/1モデル製作までの一貫した業務を初受託
1992年(平成4年)
「トヨタのデザイン部を刺激する革新的なデザイン集団」を目指し自動車外形デザインを主業務とするカリブ フロントデザインが量産カーデザインとして初採用
1993年(平成5年)
クラウンマジェスタ、ウインダム 外形全体デザイン初採用
1996年(平成8年)
外形デザイン案を採用された車(e-com)が初めてショーモデルとして東京モーターショウに展示
クラウンマジェスタ グッドデザイン賞受賞
1997年(平成9年)
トヨタ自動車九州と用品開発で新規取引を開始
1999年(平成11年)
設計業務部門 閉鎖
車両室内デザイン 受託開始
2000年(平成12年)
トヨタ自動車の子会社化 持株比率 トヨタ自動車 65.8% 豊田合成 34.2%にトヨタデザイン部の一拠点として位置づけられる
2001年(平成13年)
スパシオ グッドデザイン賞受賞
2003年(平成15年)
プリウス グッドデザイン大賞を自動車として初受賞
2004年(平成16年)
トヨタデザイン部から車両先行開発デザイン業務受託を開始
2005年(平成17年)
車両外形、内装、CMF(カラー/マテリアル/フィニッシング)の量産デザイン開発業務受託開始
アイシス グッドデザイン賞受賞
2006年(平成18年)
現在地 「名古屋栄ビル」名古屋市東区武平町へ移転
20周年を迎える
2007年(平成19年)
トヨタマリン ボートデザイン業務を初受託
2008年(平成20年)
レクサス IS F グッドデザイン賞受賞
2009年(平成21年)
トヨタマリンボート ポーナム28L グッドデザイン賞受賞
2012年(平成24年)
会社理念を 「人が基本、人が資本、人が根本、新しい、違った視点で世界に挑戦、人に貢献」と明確化
アルファード 外形・内装デザインが同時採用 創業以来初
2014年(平成26年)
トヨタデザイン領域外部署から先行開発業務受託開始
2015年(平成27年)
トヨタ/レクサス レーシンググラフィック受託開始
アルファード グッドデザイン賞受賞
2016年(平成28年)
設立30周年を迎える
JAXA イントボールカメラ デザイン受託
トヨタマリンボート ポーナム28V グッドデザイン賞受賞